marcoの暗中模索

ITベンチャー企業で働くOLの雑記、日々の戯言。





洋服の断捨離はじめました。

こんばんは、marcoです。

始まりましたね、平昌オリンピック

スポーツ好きのmarcoにとっては待ちに待ったこのトキ。

選手の頑張っているキラキラした姿を毎日見れるなんて幸せ…

 

日本の選手のみなさん、頑張ってください!!!

 

平昌オリンピックで日本選手が頑張っている中、marcoは洋服の断捨離を頑張り中。

なにか少しでもお金を稼ぐ方法を模索していたら、宝の山はすぐそこにあった!

 

f:id:marcotan:20180210221036j:plain

 

そうだ、いらない洋服たくさんあるじゃん!と。

洋服って1年着なかったら、それは売りどき。

実はいつも「やろう、やろう」と思っていたけど、

持っている洋服の量がなんせハンパないからあと回しにしていました。

 

で、ついに今日禁断の山に手を出してしまいました。

 

洋服の断捨離?捨てるだけじゃもったいない!

 今の時代、世間にはリサイクルショップが山ほど存在してるじゃないですか。

「断捨離した洋服=捨てる」という考えはもう古くて、

今じゃ「断捨離した洋服=売る」がスタンダードになっていると思うんですよね。

どんな洋服買取の仕方があるのかを調べてみました!

 

★洋服を大きく分けて買取方法は2つある!

  • 実店舗への持ち込み
  • 宅配での買取

 まずは実店舗。

有名なとこからいうと、

「mode-off」や「2ndストリート」、「トレジャーファクトリー」など。

大手チェーンはなんでも買い取ってくれるみたいだけど、査定は低いみたい。

口コミ評価も悪い。

でも、店舗に持っていけば、その場で見てもらいすぐに査定して貰えるので、時間がない方にはいいかも。

 

次に宅配での買取。

CMでおなじみの「ブランディア 」や「ブランドゥール 」、「ZOZO TOWN」など。

店舗買取に比べれば、少し買取価格は上がるみたいだけど、ひとつ問題が。

ブランドが限られているということ。

ローブランド(LOWRYS FARM、CECIL Mc BEEなど)やファストファッション(ユニクロH&Mなど)とかは査定してもらえない。

セレクトショップの商品やハイブランドとかしか受付ない場合も。

 

段ボールを送ってもらう→詰めて送る→査定を待つ

 

という段取りを踏まなきゃいけないので、時間がかかるのがイヤな方には向いてないです。

 

今回私が出したい洋服は、LOWRYS FARMなどのローブランド商品がほとんど。

ということは、宅配買取は向いてないと断念。

 

やっぱり捨てるしか…という思いが出てきたが、

「まだまだなにかある!」とさらにリサーチ。

 

 

 

第2の手はメルカリとCASH

★CASHを使った感想

去年だっけな?

写真を撮ってその場ですぐ査定、その査定価格をすぐに現金にできると話題になったアプリ「CASH」。

いろいろと問題があったようですが、リニューアルして最近帰ってきました!

以前のバージョンで使っている方のブログを読むと、

「危険」とか「使わない方がよい」などネガティブなことが書いてありますが、

リニューアルしたあとの口コミを読むと、評判がよい!

 

流行り物好きな私は早速査定だけしてみた。

結果は…よき◎!

使い方はこちらを参照にしました。

 

zenisoku.com

 

 こちらのブログを参考におそるおそる登録して、いざ査定!

最低でも300円で査定してくれるから結構よいかも!

ただ、やっぱりローブランドやファストファッション系は×。

でも、上記であげた宅配買取サイトよりは取り扱っているブランド多い。

平日であれば、出金も即時みたいだし、断捨離するときはメインアプリになるかも…

 

★一方メルカリは?

こちらもCASHみたいな機能の「メルカリNOW」がリリースされましたよね。

結論からいうと、

 

使えない…

 

使う人が多すぎて、商品が溢れているらしい。

ブランドなどを設定をしていると、途中で、

「その商品は今取り扱っていません」

みたいなメッセージが。

結果、査定すらしてもらえない。

 

こりゃダメだと諦めました。

 

あまりにも使いにくく、ムカついたので、出品してやりました。

 

まとめ:買取は上手にやりくいしましょう。

まず、断捨離した洋服たちをブランドごとに分けることが大事だと気づきました。

わけたら、高く売れそうなサイトに査定をかけます。

断捨離した中に、ギャルソンなどのブランドもあったのでそのグループの洋服たちは、

近くの「Kindal」という実店舗も宅配買取もやっているというところにまかせることにしました。

今、LINEでも査定してくれるところもあるんです。

そのLINE査定をKindalでやっていたので、仮査定してみたらよい値段付けてくれて、

家の近くに店舗もあったので持って行ってみることにしました。

 

LOWRYS FARMなどの洋服たちはとりあえず、今売れそうなものはとりあえずメルカリに出品w

実験材料として、宅配買取と実店舗に持って行ってどれくらいになるか査定してみようと思います。

 

次にルミネ系カジュアルブランドグループ。主にKastaneとか。

これは、全部CASHに託します。

6点で3,000円くらいになりました。

 

今回思ったことは、要らなくなった洋服はさっさと売ることが大事なんだと学びました。

年数が経っていくとともに、買取価格も下がるらしい。

なので、最初の方でもいったようにみなさんも要らなくなった洋服は、

 

要らなくなった時点で即売りましょう。

 

おーわり。

広告を非表示にする